[二世帯住宅]間取りだけじゃない!二世帯を建てる時に考えるライフラインのこと[水道]

家づくり

二世帯住宅を考える際,間取りのことは,楽しくワクワクしながら打合せを進めていました。
しかし,二世帯住宅にする上で必要なライフラインの工事があったのです・・・。

水道を考える

僕たちの家は,もともと実家が建っていた土地に家を建てる計画だったため,水道関係のことはそのまま利用できると考えていました。
しかし,打合せの中で,様々なものを二世帯住宅用に変えなければならない?ということが分かってきました。

 ①浄化槽

浄化槽とは,家庭の水洗トイレなどと結合し,家庭で出る汚水を処理してから公共の下水設備へと排出するためのものです。
もともと,うちには専用の浄化槽がついており,それを継続して使うという計画でした。

とは言いつつ,恥ずかしながら浄化槽というものがあることも,この打ち合わせの時に知りました。

その浄化槽が,もしかしたら老朽化や容量の問題で新しいものにしなければならない可能性が出てきました。
はじめは「そうなんだ・・・」ほどにしか思っていなかったですが,費用を見てびっくり。

100万円~140万円

新しい家電何にしようかな?ちょっといい床材にしようかな?
などと考えていたのですが,思わぬ出費の可能性に驚いてしまいました。

正直この時は,家づくりにかかるお金をなめてたな・・・。と反省しました。

うちの場合,調査してもらった結果,今ある浄化槽をそのまま継続して使えるようになったので,事なきを得たのですが,
家づくりを考えている人は,「浄化槽」のことも頭の片隅に置いておくと,ショックが大きくなくていいのではないでしょうか。

  ②水道菅の大きさ

水道は,公共の水道管から各家庭,建物に引き込まれる形で利用されています。

もちろん実家でも水道を引き込んでいるため,水道管の工事といっても,さほどかからないだろうと予想していました。

しかし,実家があった土地に立つのは二世帯住宅。
利用する水の量は,単純計算で以前の倍です。
そうした場合には,水道管の太さを大きいものに変えなくてはならないのです。おそらく一般家庭だと13mmという規格ですが,それより大きい20mmにしなければなりません。

かかる費用は

20万~30万

水道管を変えるためにそこまで地面を掘ったり,水道管を取り付けたりする際の工事も含まれたものです。
これも予想していない出費でしたが,こればかりは仕方ありません。
二世帯住宅を建てる方で、建て替えをされる方は,おそらくこの費用も頭に入れておくと良いでしょう。

最後に・・・

水道以外でも,太陽光発電やガスについても考えることがありました。
二世帯住宅を考えている方は,自分以外にも悩んでいた人間がいたということを知ってもらい,自分のプランニングに役立ててくださればよいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました