[おすすめ]騙し合いのブラフ合戦!「SKULL(スカル)」[ボードゲーム]

ボードゲーム

今回は,お手軽でどっぷりはまる「Skull」というボードゲームを紹介します。

この記事を読むと

・ボードゲームに興味があるけど,何から始めていいかわからない!

・飾っててもおしゃれなボードゲームはある?

・家族と一緒に盛り上がりたい!

という想いをもった方にお勧めです。ぜひ最後まで見てみてください。

「SKULL」(スカル)のルール

プレイ人数:4~6人

プレイ時間:約30分

スカルは,バラが描かれたカード3枚とドクロが描かれたカード1枚の4枚を使って遊びます。この組み合わせが,6色分あり,同時に6人までのプレイが可能です。

簡単にルールを説明しますと、

裏向きにそれぞれが出したカードの中から,自分の宣言した数だけバラのカードだけをめくるというゲームです。バラのカードをめくることに2回成功すれば勝利です。
バラを置いて,勝利を狙うか,ドクロを置いて相手の勝利を阻むか・・・。
一つ一つの2択を上手く当て,相手の心理を読み,ときには相手を騙し,勝利を目指しましょう。

詳しいルールはこちら

①プレイヤーはそれぞれ,ドクロとバラのカードのセットをもちます。

②親となる人から,ドクロかバラかわからないように,裏向きにカードを場に置きます。

③親から時計回りでカードを置いていきます。全員がカードを置き終わったら,ゲームの準備は完了します。

④親は2つの選択をします。「自分が置いたカードの上にさらにカードを置く」か「自分がカードをめくる数を宣言する」かです。

もし親が「自分が置いたカードの上にさらにカードを置く」という選択をしたならば,親の左隣の人が次の親となり,カードを置くか,数字を宣言するかを決めます。

⑤順番に選択権を回してゆき,誰かが「自分がカードをめくる数を宣言する」と,もうカードを置くことはできません。

⑥親が宣言した数字を聞いて,左隣の人は,「パス」か「さらに大きい数字を宣言する」ことができます。

例えば,場にカードが出そろって,親が「3!」と宣言したとします。次の人は,「場に3枚以上バラのカードがあるな」と思ったら,より大きい数字を宣言しますし,「いや,これ以上はないだろう」と思ったらパスをします。もちろん数は一つずつ大きくするのではなく,一気に増やしても構いません。

⑦一番大きい数を宣言し,他の人がみなパスをした時,カードをめくり始めます。親はまず自分のカードをめくります。その後,他の人のカードをめくっていきます。この時,だれのカードからめくっても構いません。
3と宣言したならば,自分を含めて3枚のバラのカードをめくれば,1ポイント獲得し,リーチになります。

⑧しかし,途中でドクロのカードをめくってしまえば,そこでチャレンジは終了です。ドクロを置いていたプレイヤーから,自分の4枚のカードからランダムに一枚選んでもらい捨てられます。

⑨1ポイント獲得したり,カードを捨てたりした人が次の親となり,またゲームを始めます。②~⑨を繰り返し,先に2ポイント取った人の勝ちです。

~敗北条件~

このゲームには,強制的にゲームから除外される場合があります。それは、

1.自分の手札がすべてなくなる

2.自分の手札がドクロのみになる

この二つのどちらかになると,その人はゲームから除外され,残りの人たちで勝者を決めます。

「SKULL」の魅力

このゲームの魅力は,なんといっても騙し合いです。

自分がいつドクロを忍ばせるのか,相手はドクロのカードを置いているのか・・・。

この駆け引きが,ゲームの楽しさを何倍にもします。

お気づきの方もいるとは思いますが,数を宣言し,カードをめくっていくことになるとき,自分のカードからめくっていくため,ドクロを置いた人は,どうがんばってもそのターンにポイントを獲得することができません。ではなぜドクロを置くのか・・・。

それは,相手を簡単には勝たせないためです。

相手はドクロを置いているにちがいない。その猜疑心を相手に植え付け,警戒させて,隙をついてバラを置き得点していくのです。

自分が置いたドクロに,友達や家族が引っかかったり,それをかいくぐってバラをめくり終えたとき,なんともいえない達成感があります。

初めてプレイした友達の多くは,ドクロで人を騙す快感にとらわれ,ドクロしか置かなくなります。笑

SKULLの戦略 ~ブラフ~

ブラフとは,はったりです。

自分の戦略とは裏腹に強気な態度で相手を惑わせる。

このゲームではそんな体験が簡単にできます。
それは、、、

「ドクロを置いているのに強気な数を宣言する」です。

ドクロを置いていては,勝つことはできないことは,先ほど紹介しました。
それなら,ドクロを置いた人は,大きい数を宣言して,自分がめくる側には立たないだろうという心理を利用します。

あえて大きい数を宣言し,「この人は,きっと勝ちたくてバラを置いているにちがいないチャンスだ!」と相手に思わせることができれば,他の人がさらに大きい数を宣言し,自分のカードをめくりに来るでしょう。

そうした駆け引きの先に,勝利をつかんだときは,最高です。

ぜひ,身近なあの人を悔しがらせてみてください!

まとめ

今回は,騙し合いのゲーム「SKULLl」を紹介しました。

「SKULL」は,バラかドクロか,見極め,バラのカードをめくり切る,相手を騙し,自分のドクロをめくらせる。これが醍醐味です。

一回のプレイ時間も短いですし,ルールも簡単ですので,とっつきやすいのではないかと思います。

お家に来た人に紹介して,一緒にやってみるのはいかがでしょうか。

普通に話しているだけでは見えない,あの人の本性を暴けるかも?しれません。仲良くなること間違いなしです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも,手軽に楽しめ,奥が深いゲームを紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました