鳴き声から分かる!文鳥の気持ち

ペット

文鳥の気持ちはわかるの?

文鳥は,非常に感情豊かな動物です。喜怒哀楽すべてがありますが,もちろん表情はありません。

ではどうやって気持ちを理解するか?

それは文鳥の鳴き声を注意深く聞いてみてください。そこにはいろんな情報が詰め込まれています。

そーちゃん
そーちゃん

ぼくの気持ちがわかるかな?

これは,あくまで僕が文鳥のそーちゃんと暮らしてみて感じた事なので,個人差?個鳥差?はあると思いますが,参考にしてみてください。
もし今文鳥を飼っている方は,自分の所の文鳥と比べてみて楽しんでください。
ちなみにそーちゃんは4歳の雄です。おそらく雌とは少し違う鳴き方もあると思うのであしからず。

嬉しいとき

文鳥が嬉しいときは,

ピッピッピッ

と,短く高い声で鳴きます。嬉しいときは連続で鳴くことが多いです。
ピッと短く一音だけで鳴くのは,人間でいう「よっこらしょ!」だと思うので,短く高い音はすべて嬉しいわけではないとは思います。

そーちゃん
そーちゃん

外に出してもらえた時とか,ご飯をもらえたときとかに出ちゃうね

寂しいとき

文鳥は攻撃性が高く,あまり悲しがることはありません。ですが,寂しくなることはよくあるようです。そんな時は,

キュウウウウウ

と長く響くような声で鳴きます。これは,初めのころはあまり聞かなかったのですが,2歳ごろから次第に鳴くようになりました。

自分で作った巣にこもっていたり,僕がテレビに夢中でそーちゃんと遊ばない時とかによく聞きます。

いじけているアピールですね

焦っているとき

そーちゃんは,なかなか自分の部屋に入らない時,僕たちに追いかけられることがあります。他にも,大切な書類を持ち去ろうとするときにも,よく追いかけられています。

そんな追いかけられて

コメント

タイトルとURLをコピーしました