積水ハウスおすすめ!用途別の洗剤まとめ[基礎編]

メンテナンス

お家にはいろんな汚れがあります。ほこりや砂などの付着汚れ,手垢や身体の脂などの油汚れ。

それぞれに適した洗剤を使うことで,効率よく掃除を進めることができます。

この記事は,こんな人におすすめです。

□どんな汚れにどんな洗剤を使えばよいかわからない。

□洗剤なんてどれも変わらないでしょ・・・と思っている。

こんな人は,ぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事は,積水ハウス株式会社が作成した「Maintenance Book」を参考にしています。
ぜひご覧ください。

1.住まい全体に使える洗剤

一つ一つの汚れに,それぞれの洗剤をいちいち使うのはめんどくさいですよね。

もちろん,材質によって適切な洗剤はありますが,ひどい汚れ出ない場合,汎用性の高い洗剤がおすすめです。

①かんたんマイペット(花王)

②住まいの汚れ取りクリーナー(オーブテック)

我が家では,②の住まいの汚れ取りクリーナーをよく使っています。床やテーブルはもちろん,壁のクロスにも使うことができます。

変なにおいもついていないので,とても重宝しています。

①も②も使い方は簡単。
汚れの気になるところに吹きかけて,乾いたタオルなどで拭くだけです。

床や壁,照明器具,電化製品などにも使用できますので,一本持っていて間違いなしだと思います。

2.壁紙のクロス

ここでは,樹脂系クロスという,一般の家庭でよく採用されているクロスの手入れについて紹介します。

壁紙は,汚れたらなかなか掃除しにくいな・・・と思っている方も多いのではないでしょうか。

樹脂系クロスであれば,拭き掃除でお手入れもできますし,汚れの予防もできます。

かべ紙などの洗剤(アサヒペン)

使い方は,汚れた部分に吹きかけ,汚れをふき取り,その後水拭き,乾拭きを行います。

フッ素コートによって,汚れの防止効果もあるため,次のお掃除が楽になります。

注意点としては,紙や布製のクロスには使えませんので,お家のクロスの材質をご確認ください。

3.木質フロア

綺麗好きな方は普段でも雑巾やクイックルワイパーなどで床をふき掃除しているのではないかと思います。

ただそれだけではどうしても取れない汚れがついてしまったりもしますよね。そんなときは、 木質フロア専用の洗剤を使いましょう。

①フローリングの洗剤(アサヒペン)

また,光沢の衰えやワックス表面の擦り傷が目立つようになったのであれば,ワックスがけもしてみてください。

②フローリング専用ワックスAP-100Plus(アサヒペン)

③ツヤ消しタイプの床材対応ワックス・ノンブライト(リンレイ)

ただし!無垢素材の床などはワックス不要な場合もあります。お家の床材の材質を調べたり,ハウスメーカーに問い合わせてみてから,ワックスの使用をお願いします。

無垢の素材をそのままにしてワックスをかけたい場合は,③の使用がおすすめされています。

最後に

今回は,基本的な材質に対して有効な洗剤を紹介しました。次回は,カーペットや畳など,より専門的な洗剤を紹介します。

最後まで見ていただき,ありがとうございました。

積水ハウスおすすめ!用途別洗剤まとめ[基礎編の続き] https://nisetai-life.com/550/

コメント

タイトルとURLをコピーしました