【二世帯住宅】これだけは気をつけて!二世帯住宅で失敗しないためのポイント【積水ハウス】

家づくり

二世帯住宅ってマイナスなイメージが多いですよね。
僕は,積水ハウスで二世帯住宅を建てたゆゆまるといいます。
今回は,二世帯住宅にあるマイナスなイメージを少しでもなくせるような工夫について紹介しています。

「義両親と一緒に暮らすなんて・・・。奥さんは我慢することが多いね。」
「落ち着かない生活になりそう・・・。」

実際,自分が二世帯住宅を建てるということになった時には,「大丈夫?」という心配の声をたくさんいただきました。
そういう声が多いということは,実際に二世帯住宅で悩んでいる人も多いということです。

今回は,たった一つだけ,我が家はこれを気をつけた!というポイントをお伝えします。
実際に住んでみても,確かにここは外せなかったなと感じる物なので,ぜひ参考にしてください。

こんな人におすすめ

□二世帯住宅を検討中,もしくは計画中の方
□二世帯住宅で失敗したくない方

二世帯住宅を失敗しないためのポイント

我が家で話し合って,計画段階で最も大事にしたことは水回りを世帯で分けるということです。

水回りとは,具体的に「トイレ」「洗面台」「お風呂」です。
ここには,洗濯機などの水回りの家電も含んでいます。

トイレやお風呂は,生活の中でもよりプライバシーが守られるべき場所です。二世帯住宅は,今まで一緒に住んでいなかった2つの家族が一緒に住むということです。

どれだけ関係が良くとも,いきなりプライバシーが守られるべき場所に,他人が入ってくるのはストレスがかかるでしょう。

もし,自分が入っている時に,入ってこられたら・・・。
なんて考えたら,落ち着いてお風呂に入っていられないですよね。

お互いが安心できる空間を守るって,本当に大切だなと,暮らしていて感じます。

このポイントのもうひとつの理由

安心する空間を守ることが大切だと伝えました。
さらに,水回りを分けるメリットは,他にもあります。

それは,水回りの掃除は,世帯ごとにやった方がいい!からです。

トイレはもちろんのことですが,お風呂や洗面台の掃除って大変ですよね。
あまり触りたくない汚れがたくさんあります。
髪の毛なんかが絡まった排水溝や,トイレの黄ばみ汚れなどなど・・・。

それを掃除するのって,やはり家族だけでしたいですよね。
汚れていても恥ずかしいし,なんだか触りたくないし・・・。
とてもストレスになると思います。
しかも,掃除されていないとしても,なかなか文句を付けることもできなかったら地獄ですよね。

心を無にしながら掃除する日々がこれから続くのか・・・と思うと,本当に嫌になります。
こうした我慢を無くすためにも,水回りは別にして,それぞれがそれぞれのタイミングで掃除していく方が,心も体も健康的です。

自分の汚れは自分でこれがお互いにとって一番!

最後に

【水回りを別にする】
→お風呂やトイレを安心できる空間にするため
→掃除のストレスを減らすため

今回はたった一つだけ,「水回りを別にする」というポイントをお伝えしました。
もちろん,その分お金はかかってしまいます。
でも住んでいて不快になる家って,そもそもおかしいですよね。

二世帯住宅は,やはりお互い多少なりとも気を使って暮らしていかなくてはいけません。ですが,気を遣いながら生活するのって,どんな暮らしをしてたってありますよね。

大切なことは,いい気の遣い方と悪い気の遣い方を分けて考えていくことではないでしょうか。お互いがふかいになりながら気を遣うより,相手を安心させたい,喜ばせたいというプラスの気遣いができるような家づくりをしたいですね。

今回は,自分がお家を建てて,大切だったなと思うことを紹介しました。参考にしていただけると幸いです。

最後まで読んでいただいて,ありがとうございました。

では,実際にこのポイントが役立っているのか!?
住んでみて4か月たった時のことも見てみてください。
【二世帯住宅】完全分離一部共有の二世帯住宅に,4か月住んでみての感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました