【家作り】見た目すっきり!ダクトレールのすすめ!【照明】

家づくり

今回は,我が家のダイニングキッチンの照明に採用しているダクトレールについて紹介します。

この記事はこんな人におすすめです。

こんな人におすすめ

□家の照明の位置を自由に変えたい!
□壁や家具に照明を当てて,目立たせたい!
□普通の照明とペンダントライトを自由に組み合わせたい!

当てはまった人は,採用してもありかなと思います。選択肢を広げるためにも,ぜひ最後まで読んでください。

ダクトレールとは

ダクトレールとは,バー状の照明器具を取り付けられる部品のことです。天井や壁に取り付けられます。レールの内側に電気が通っているため,レールに取り付けた照明器具をスライドさせて位置を変えることができます。

取り付ける照明器具を変えればスポットライトやペンダントライトなど,デザインや種類を自由に変えることができます。

ダクトレール照明のメリット

照明の位置や数が自由に変えられる

ダクトレール照明のメリットは,なんといってもその組み合わせの自由さです。

照明器具はアマゾンや楽天で簡単に購入することができますし,取り付けもワンタッチです。

スポットライトがついている部品や,ひっかけシーリングを取り付ける部品もあります。

我が家では,ペンダントライト2のスポットライト2の組み合わせで使っています。
ダイニングテーブルには,手元を照らすペンダントライトをつけたかったのですが,かさの形によっては,手元のみしか照らせず明るさが足りないことがあります。
それを補う形でスポットライトを取り付けています。

住んでみて,どこを明るくしたらいいかはダイニングテーブルの大きさや家具の位置で変わりそうだなと思ったので,ダクトレールを提案してもらいました。

ダクトレールを採用すると,照明の細かい位置や種類を変えることができます。

ダクトレールのデメリット

天井のレールが目立ってしまう。
→ニッチで天井に入れ込むと,目立たなくなる。

照明の位置や種類を変えられるダクトレールですが,僕の思うデメリットもあります。

それは,レールの見た目がごつごつしていることです。

天井は,家にいる時よく目に入ります。誰しもすっきりとした天井が良いのではないでしょうか。
埋め込み式のダウンライトが良く採用されているのも,天井をより平面にすっきりさせたいからでしょう。

ダクトレールを取り付けると,やはり見た目的には目立ちます。
そこにさらに部品がつくとなると,「ああ、機械がついてる」感が出てきます。
すっきりとした見た目のお家が好きなのであれば,デメリットではないでしょうか。

じゃあ、付けるのやめよう・・・。と思った人は,もう少し見てみてください。

実は,うちでは見た目をすっきりさせるために,ある施工をお願いしました。それは

ダクトレール分,天井にニッチをつけることです。これをニッチと呼ぶのかどうかは,分かりませんが・・・。

天井を一部分へこませることで,ダクトレールが飛び出して見えず,見た目もすっきりしました。

もちろん下から見ると,照明の部品は見えますが,リビングの入り口やソファからは見えません。
我が家では,先ほどのデメリットはあまり感じずに採用することができました。

[二世帯住宅]間取りだけじゃない!ニッチのすすめ[収納

さいごに

今回はダクトレールについて紹介しました。

【メリット】照明の位置や種類を自由に変えられる。

【デメリット】見た目がごつごつして,すっきりした見た目ではない

  →でも,天井をへこませると,気にならない!

ぜひ家づくりの参考にしてみてください。最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました